麻痺改善 簡単リハビリ情報

6ヶ月以降改善しない 麻痺は諦め残存機能を使うことが脳血管障害のリハビリと言われるが、簡単に諦められない。そんな方々との付き合いを綴ったリハビリ虎の巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開く手のリハビリに 

脳血管障害(脳出血や脳梗塞後遺症)による麻痺で改善し難いと言われる手の麻痺。硬く握って固まってしまうことはどうして避けたいものですね。リハビリは発病から180日以降で専門的なリハビリ(医療的な個人指導リハ)は受けれなくなってしまいました。

よって自主トレによる方法が重要になっています。
以前紹介したベッド押しや椅子押しをもう少し進化させた方法。

バランスボールを使った方法


PLUS(プラス) 65 グリーン
実は進化というよりベッド椅子押しの原型なんです。バランスボール、最近は一般の方のエクソサイズ、ダイエットにともてはやされていますが、本当はこの大きなボールは元々はリハビリ器具だったんです。ベッド押しや椅子押しよりも空気ボールの特性から手の平に馴染むのと、足への荷重がかかりやすく、麻痺側の手、体幹、足にと麻痺側全体を一度にリハビリができる優れものです。









詳しくはリハビリ動画満載 リハジムこるくぼ~ど 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。