麻痺改善 簡単リハビリ情報

6ヶ月以降改善しない 麻痺は諦め残存機能を使うことが脳血管障害のリハビリと言われるが、簡単に諦められない。そんな方々との付き合いを綴ったリハビリ虎の巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07’7/27 「発達の過程を追うリハビリの考え方 1つ前の動作や姿勢を大切にする」

発達の過程を追うリハビリの考え方があります。赤ん坊は手足をバタバタさせます。重心の移動によりやがて寝返りをします。寝返りを繰り返していると、腰や背中をねじりる筋肉が使われ、これで座るための筋力強化とバランス力も養われます。座った状態(足低を床に付けた端座位)で手を動かしたり、ズッテ動いているとそのたびに、足に重心が移動し足と背中の筋力の強化とバランス力が養われ、立てるようになります。と言う具合に、獲得したい1つ前の状態を十分に行うことは、リハビリ的に言ってもとても重要な要素です。

歩く姿勢を良くしようと思ったら、歩く状態の前の立った状態での姿勢や、座った状態での姿勢や動作を大切にすると、おのずと歩行のときの動作もきれいになってきます。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

07’7/26 「無意識は知っている違和感の解決」

関わって3年程になるAさん。脊髄炎後遺症で発病から数ヶ月、退院直後から関わっている。相当な回復をしているんだけれど、体の複数の箇所に痛みやこわばりを感じる。季節の変わり目や、日々の中で微妙に状態が変化し抑うつにいたることがある。
  続きを読む

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

07’7/24 「アレクサンダーテクニーク早々に」

マイミクのくーさん(彼女はマヒ障害をもった元気な方)が早々にブログでアレクサンダーテクニークについてその歴史的背景と、自身にも役立つかもと言うことを書かれています。

http://blog.goo.ne.jp/ban-kuko/

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

07’7/22 「脳梗塞になったらあなたはどうする」

「栗本慎一郎の脳梗塞になったらあなたはどうする」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4813312381/seesaashoppin-s5678-22/ref=nosim

「栗本慎一郎の脳梗塞になったらあなたはどうする」 たちばな出版の紹介ですが、さすが売れっ子の評論家が自身の体験から書いた一般にも判りやすい本です。

感覚を扱うリハビリというのはまだまだ一部でしか行われていません。専門書ではありませんが、当事者さんやご家族、そして治療家の方々も読まれる事をお勧めします。


更新久しぶりでMIXIでも紹介していますのでよろしければそちらにお越しいただいても・・・MIXIでは ぎゃーろと名乗っています。まだMIXI参加希望の方は紹介のメール送りますのでメールアドレス教えてください。また直にメールいただいても

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

07’7/22 「アレクサンダーテクニクから学んだこと その1」

今回のワークの中で、歩行を目を閉じて行いましたが、そのとき講師の方が、「きれいな歩き方を見せるワークではない」旨のことを言われた。これまでのリハビリなどの技法、理論からどういう歩きや形が良いか学習していますが、自身のこととなると・・・、目を閉じ無防備な素の状態の自分の歩きをしてみると、あらためて身体に負担の掛かる歩きをしていることを実感、常々腰や背など不調を感じる箇所への配慮の無さを感じた。

リハビリの指導では、正しい姿勢や歩き方などをメインに最近行ってきていましたが、逆に旨く行っていない今の状況を感じて貰うことも大切なこと。正しい動作を教えても指導中はできても、日常では中々できない状況があるが、自身が日常で感じることで正しい歩き方などへのモチベーションがあがるのではないかと・・・今回のワークで気づき、早速3人ほどに目を閉じての歩行を試して見ましたが、これまでと違う気づきと学習を促せたように感じる。

やっぱり、教えるんじゃなくて自身が気づいていくようなアプローチが大切だね

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

07’7/22 「アレクサンダーテクニーク」

今週18日、19日に久しぶりにボディーワークのワークショップに出てきました。
もう随分昔、たぶん10年以上前に本で読んだアレクサンダーテクニークという系統のワークショップ。

身体の動かし方、立ち歩き座ると言う動作の中での動き方に焦点を当て、身体と精神面までを系統化した技法。今回はダンスレッスンに取り入れている講師の講座、いわば応用編、参加者の多くがダンス暦10年とか何らかの舞台、演者活動をしているかたがたが多く、30名ほどの参加、自分以外は女性という黒一点というドキドキの体験でした。

最近、活動がリハビリに特化する中で改めてボディーにも注目していますが、麻痺の方にも早々に試すことのでき新たな発見もあり充実。良かった!そして何より、自分の身体のケアができた、身体を開放、動かしたかった欲求にしたがって受けて正解でした。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。