麻痺改善 簡単リハビリ情報

6ヶ月以降改善しない 麻痺は諦め残存機能を使うことが脳血管障害のリハビリと言われるが、簡単に諦められない。そんな方々との付き合いを綴ったリハビリ虎の巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07’11/8 「脳を揺さぶる、細胞が生まれ変わるような感覚の音楽」

音楽聞かせたら、反射性の動きという事に、どんな音楽を使ったかの問い合わせが来ていますので、ブログに紹介しておきました。

山城祥二氏が結成している山城組というグループ(アマチュアの集団らしいが、一人一人は素人でも集団としては凄いユニークな存在)
山城氏は音響学の研究者。映画AKIRAの音響作成を担当した方だということ。ステレオ対応のヘッドフォンで聞くと何とも、単にリラクゼーションとか幻想的というより、脳を揺さぶる、独特の感覚を感じます。音楽としても実にユニークだと思います。ステレオ的な左右の音の流れや、臨場感、また左右の耳から入る意図的な周波数の差を利用した脳波への影響(アルファ-波など意図的に脳に発生させる)等を利用しているんじゃないかと思う。

http://iikimochi.seesaa.net/
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

07’11/8 「音楽と瞑想で麻痺の筋が動いた!」

発病から4年目、僕が関わって3年半の脊髄炎後遺症の女性、関わった頃は家庭内でも時に転ぶことあった方だが、随分頑張り、最近はジョギング様のかるく弾んで走ることまで可能になっていた(ホノルルマラソン参加しよう等、半分冗談話をしていたが・・・先月末に脊髄炎の再発足が自分では動きがでない、反射性の動きがある程度・・・スグの入院、ステロイド治療開始、炎症が早期に治まれば予後は良いのだが・・・(Dr談)・・・単純な脊髄炎であれば概ね予後は良いと言われるが、多発性硬化症、難病の疑いもあるらしい
続きを読む

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

07’11/8 「多発性硬化症・・・音楽聞かせたら動いた麻痺の筋 その後」

音楽を聞かせたら動いた筋のSさん、その後病名は多発性硬化症と診断された。単純な脊髄炎に比べ予後は良くない・・・原因は自己免疫疾患説が有力。脊髄の神経を包む膜が炎症を起こして神経が裸に、電線のカバーが無くなってしまうような状態。再発を繰り返し、悪化、あるいは1回の発病で重度の麻痺になる事もあるという原因不明の難病。
続きを読む

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。