麻痺改善 簡単リハビリ情報

6ヶ月以降改善しない 麻痺は諦め残存機能を使うことが脳血管障害のリハビリと言われるが、簡単に諦められない。そんな方々との付き合いを綴ったリハビリ虎の巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭で出来るリハビリ脳トレーション/筋トレリハビリに問題あり

MIXI上で見れない方は
ユーチューブアドレスは
http://www.youtube.com/watch?v=hnf7tmlepjM
で直接見れます。

他にmixiヘルプによれば
http://mixi.jp/help.pl?mode=item&item=182

・動画の再生にはアドビ システムズ社の「Flash Player」最新版(無料)が必要。

・JavaScript が有効に設定されていない

・セキュリティソフトによる制限

・ネットワークの接続状況が思わしくないため、正常に再生できない

ということです。

脳神経疾患に対するリハビリの方法に対して、多くの方々筋トレ的な考え方をしているが、それがかえって状態を悪化させることが多い。

特に麻痺した手などが動きだして、喜んでリハビリに励むうちにいつしか関節が固まりだして、以前できていた事が出来なくなってしまったということをよく聞くが、そういう場合にとにかく筋肉を鍛えれば良いと力任せのリハビリを行って結果ということが多い。

また、予想以上の著しい改善を示した方が何故か?という問いに、実は筋トレではなく、意識 感覚 イメージなどの脳の作用としてのリハビリの捉え方が大きく関与している。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://riha1.blog84.fc2.com/tb.php/4-88b6ce57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。